• yukiring

ZEISS 標準域(40mm~55mm)レンズ比較

更新日:2020年12月24日

 SONYのFEマウントの標準域単焦点AFのZEISSレンズ3本

  • Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

  • ZEISS Batis 2/40 CF

  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

 所有したことがあるこの3本について今日はそれぞれの特性を教えます。私は2年前に7IIIと一緒に買ったのがPlanarで、重さ以外不満の無いレンズで、ずっとこの1本を使っていました。腱鞘炎になるくらい。雑誌掲載された写真の大半がPlanarで撮ったものです。

 Sonnarは手軽くスナップも撮れるレンズで世の中の評判が良く気になって手に入れたもの。Batisは発売から気になっていたレンズで、Planarから持ち替えて使っていました。さて。ポートレートも撮る人向けに結論から言うと。


 頑張ってPlanarを持とう


 です。Planarの弱点は、重いこと。色味に特徴が無いこと。CF(近距離撮影)が少し苦手なことです。ただ重いといってもSIGMAなどに比べたら軽いし、色味もカメラ内現像ができないSony機は色調整を行うものです。CFもR3など高画質のカメラならあまり使わないでしょう。取り回しは悪いけど、ちゃんと撮りたいならこれ。そしてR4の解像度に耐えられるのは3本中Planarだけです。

 ただ街撮りやポトレ以外も考えると話は変わります。1本だけ持つなら私はBatisを選びます。ZEISSから発売されているBatisは、取り回しの良い軽さで、色味が良くボケが自然で綺麗です。さらにCFができるので、例えば喫茶店や電車で向かい合ったり隣に座るパートナーを撮ることもできます。弱点はF値の低さと周辺の湾曲が激しいことくらいです。撮って出しならBatisです。

 Sonnarは軽くて安くて神レンズと呼ばれています。スナップだけでなく明るいのでポトレもいけて、写りはオールドレンズに近く味もあります。CFがだいぶ苦手ですがこのレンズで一通りいけるという印象を持てます。ただ撮り比べると決定的な欠点に気付きます。それはボケの汚さで、汚いと言ってもわずかな差ですが、遠景を生かしたロケのポートレートなどは見劣りします。大切な人をどう残したいか。です。


 個人的実感なので^^ご参考程度に。



100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示